【解説】無難に使えるブリュッセル航空の予約・チェックイン・荷物規格

【解説】無難に使えるブリュッセル航空の予約・チェックイン・荷物規格

ベルギー・ブリュッセル航空の予約から搭乗までの流れを解説します。ミラノからブリュッセルへの便において、他のLCCを押さえてブリュッセル航空が最も安くオファーしていたので利用しました。総じて可もなく不可もなく、無難に使える航空会社との印象を持ちました。

オンライン予約

brussels airlines

ブリュッセル航空公式サイトからそのまま予約に進めます。

Brussels Airlines公式

座席グレード

最安値のCheck&Go からLight&Relax, Flex&Fastの3グレードおよびビジネスクラスが用意されています。

予約画面を進んでいくと各グレードの違いが出てきます。記事執筆時に確認できた内容を簡単にまとめておきます。

Check&Go

通常の最安値グレード。変更、キャンセル不可、預け入れ荷物なしなど、普通のLCC仕様です。

Light&Relax

上記Check&Goに、預け入れ荷物を入れたオプションです。同時に、変更、キャンセルはそれぞれ50, 65ユーロのペナルティでできるようになります。

Flex&Fast

変更、キャンセルがペナルティなしでできます。機内軽食もついてきます。

オンラインチェックイン

フライトの24時間~1時間前に実施できます。

Brussels airlines check in

1日前にならないとオンラインチェックインできないとは、LCC並みにぎりぎりです。

しかし、空港でのチェックインもできるようです。LCCであるような、空港チェックイン時のペナルティは記載が見あたりませんでした。ただし、最安値グレードのCheck&Goグレードの場合は、空港でチェックインする際もカウンターではなく自動チェックイン機でやること、との規定です。

なお、オンラインチェックイン時には珍しく、出発空港を入力する欄がありました。インターフェースが洗練されておりサクサクできるeasyJetやRyanairと比べると、やや面倒な印象です。

荷物規定

機内持ち込み

スーツケース55x40x23cmと、ハンドバッグ40x30x10cmの2点あわせて12kgという、見慣れない規格です。

Brussels airlines baggage

違反時のペナルティは45ユーロです。

欧州2大LCC、RyanairとeasyJetとの比較

当ブログで欧州2大LCCと位置付ける、RyanairおよびeasyJetと比較してみます。

Ryanairの機内持ち込み荷物

55x40x20cm/10kg(Priorityの場合) + 40x25x20cm

easyJetの機内持ち込み荷物

56x45x25cm 1点のみ

これらRyanairやeasyJetと比較すると、easyJetのような個数制限はなくハンドバッグも持ち込み可、重量制限はあるもののRyanairと実質同程度(ハンドバッグを2kg程度と考えた場合)、サイズ制限も、厳しめのRyanair規格より緩め(厚み20cm→23cm)となっており、全体的に緩めの設定です。



 欧州LCCで機内に持ち込める小型スーツケース
どんなサイズが良いのでしょうか?・・・欧州の各大手LCCの荷物規格を一気に比較し、最適なスーツケースを考察してみました。
欧州LCC荷物規定を総まとめ→最適な機内持込小型スーツケースを考察

預け入れ荷物

3辺計158cm, 32kgまでです。

Brussels airlines checked baggage

まとめ

LCCと比べると全体的に緩めの規格になっているブリュッセル航空。神経質になるシーンは少なく、利用しやすい航空会社だったように思います。ご旅行のご参考に。



 旅の計画をまるっとお任せしたい方へ
航空券やホテル、現地空港からの移動などをまとめて計画して個別に提案してくれるサービスがありました: タウンライフ旅探し ハネムーン向け もあります)

⇒試しに問い合わせしてみたところ、現地観光ポイントへのアクセスなどを考慮したホテル提案をしてくれたり、 深夜到着時にも心配無いよう送迎車手配(個人手配はさすがに難しい)をしてくれたり、ありがたいサポートが得られます。 充実した計画を短時間で立てるために、プロの手を上手に借りるのも賢い選択かもしれません。
created by Rinker
Kindle版は、オランダを除いた、ベルギー・ルクセンブルクの2か国に絞った廉価版もあります。