個人旅行の地中海クルーズ【2020年イタリア船計画編】コスタvsMSC全16隻のコース調査

個人旅行の地中海クルーズ【2020年イタリア船計画編】コスタvsMSC全16隻のコース調査

コスタクルーズに2回乗船した筆者が、2020年の地中海クルーズ計画を立ててみます。クルーズ会社のサイトを直接チェックして、旅行代理店では選べないコースも全て調べた結果を共有します。個人で地中海クルーズを計画している方だけでなく、JTBやHISなど代理店でクルーズツアーに申し込んでいる方も、ぜひご覧ください。

やはり地中海ならイタリア船籍のコスタorMSCクルーズ

クルーズ会社は世界各国にありますが、「郷に入っては…」で、やはり地中海ならばイタリア船籍がおすすめです。イタリアの2大クルーズ会社、コスタ社とMSC社を見ていきます。

時期は、ベスト・シーズンの6,7、8月

本記事では、日も長く、観光シーズンとしてもベストな6、7、8月で絞り込んでいきます。なお、5月や9月まで広げていくと、価格はもっと安くなっていく傾向にあります。

期間は、最もポピュラーな7泊8日

3~4日の短期クルーズや、10日以上のロングクルーズもありますが、ここでは最もポピュラーで多くの人が選ぶであろう「7泊8日」のコースを見ていきます。

本記事は、執筆時にWEBで調査したコースや価格をまとめて記載したものであり、そのコースや価格を保証するものではありません。

コスタクルーズ社

まずはコスタを見ていきます。公式サイトcostacruises.comでイタリアを選んでいくと、イタリア語のみのサイトに行ってしまいます。かといってUKを選んでいくと、通貨がポンドになってしまい不便。英語表記・通貨はユーロで標準的な情報が見れるのは、costacruises.euです。

costacruises.eu(コスタクルーズ社公式、英語)

行き先(Destinations)では地中海(Mediterranean)を、日付は6~8月を、期間(Duration)は8日を、それぞれ選んで検索します。全部で6隻の船、発着地違いの15コースが出てきます。

コスタ・全6隻の船の詳細

コスタ・ルミノーザ(€959~)

ベネチア→バーリ→コルフ島→サントリーニ島→ミコノス島→ドブロブニク→ベネチア(戻)

※バーリ発着だと€979~

日本の旅行代理店でも取り扱う、王道コースです。「ベネチア発着!」などと宣伝されるものです。筆者が搭乗したコスタ・デリチョーザでも、まったく同じコースを回りました。2020年、このコースを回るのはコスタ・ルミノーザに変わったようです。

コスタ・スメラルダ(€710~)

バルセロナ→マヨルカ島→カリアリ(サルデーニャ)→チビタベッキア(ローマ)→サボナ→マルセイユ→バルセロナ(戻)

※ローマ発着だと€798~、サボナ発着だと€622~、マルセイユ発着だと€699~。

コスタ・パシフィカ(€719~)

チビタベッキア(ローマ)→ジェノバ→バルセロナ→マヨルカ島→バレッタ(マルタ)→カターニャ(シチリア)→チビタベッキア(ローマ、戻)

※ジェノバ発着だと€659~、バルセロナ発着だと€689~。

コスタ・ディアデマ(€646~)

バルセロナ→マルセイユ→サボナ→ナポリ→パレルモ(シチリア)→イビザ島→バルセロナ(戻)

※マルセイユ発着だと€729~、サボナ発着だと€630~。

コスタ・デリチョーザ(€909~)

ベネチア→アルゴストリ(ギリシャ)→サントリーニ島→ミコノス島→オリンピア(ギリシャ)→バーリ→ベネチア(戻)

かつて筆者が乗った船。2020年のコースは、コルフ島やドブロブニクの代わりにアルゴストリ、オリンピアに変わったようです。

コスタ・メディテラニア(€702~)

バーリ→サントリーニ島→ミコノス島→アテネ→アルゴストリ(ギリシャ)→バーリ(戻)

コスタクルーズまとめ

公式サイトでの検索結果をこうして全てまとめてみると、興味深いことに、同じ船でも乗船都市によって値段が変わることがわかります。特にお買い得なのは、コスタクルーズ社本社のあるジェノバ、サボナ発着コースです

乗船都市は、クルーズ前後であわせて観光もできますし、賢く選べば同じクルーズ体験も割安にアレンジできます。このあたりの自由度が高いのが個人旅行のメリットです。

サボナ港へのアクセスは、【2018年】イタリア・サボナ港と駅を結ぶ公共バスは7番線1.5ユーロ

MSCクルーズ社

MSCクルーズ社は、日本語のページがあります。日本語ページではドル表記になっています。一方でイタリアサイト(.it、イタリア語)もあり、ユーロ表記になっており、値段も日本語ページとは異なります。レート換算(2019/11レート=約0.91ユーロ/ドル)して同じになるようなものではなく、値段設定そのものが異なっていますので、それぞれまとめていきます。$表記が日本語サイト€表記がイタリアサイトです。

コスタ社と同じように検索すると、全10隻の船、発着地違いの42コース出てきます。

https://www.msccruises.jp/jp-jp/(MSCクルーズ社公式、日本語)

https://www.msccrociere.it/(MSCクルーズ社公式、イタリア語

全10隻の詳細

MSCムジカ(€669~)

ブリンディシ(イタリア)6/1発→カタコロン(オリンピア)→サントリーニ島→ピラエウス(ギリシャ)→コルフ島→コトル(モンテネグロ)→ベネチア→ブリンディシ(戻)

※ブリンディシ6/1発。日本語サイトでは$799~。

※ベネチア6/7発は€719/$799。

MSCグランディオーザ(€759~)

ナポリ→メッシーナ(シチリア)→バレッタ(マルタ)→バルセロナ→マルセイユ→ジェノバ→ナポリ(戻)

※ナポリ6/1発。日本語サイトでは$825~。

※メッシーナ6/2発€709~/$825

※バルセロナ7/3発€949~, 6/5発$825~

※マルセイユ6/27発€899~/$825~

※ジェノバ6/7発€719~/$825~

このコースは、2019年のベストワンクルーズ社人気ナンバーワンのコースです。次の記事で、自己手配のやり方も含めて詳しく分析しています。

’19年西地中海人気1位のクルーズを分析・自己手配(’20はMSCグランディオーザ号)

MSCディビナ(€949~)

バルセロナ→イビサ島→ナポリ→リボルノ(フィレンツェ)→ジェノバ→マルセイユ→バルセロナ(戻)

※バルセロナ6/1発。日本語サイトでは$939~。

※ナポリ6/4発€649~/$939~

※リボルノ6/19発€569~/$939~

※ジェノバ6/6発€599~/$939~

※マルセイユ6/7発€649~/$939~

MSCファンタジア(€679~)

パレルモ(シチリア)→カリアリ(サルデーニャ)→マヨルカ島→バレンシア→マルセイユ→ジェノバ→チビタベッキア(ローマ)→パレルモ(戻)

※パレルモ6/1発。日本語サイトでは$999~。

※カリアリ6/16発€639~/$999~

※マヨルカ島6/3発€749~/$999~

※バレンシア7/9発€899~, 6/4発/$999~

※マルセイユ7/31発€1099~, 6/5発/$999~

※ジェノバ6/6発€679~/$999~

※チビタベッキア6/14発€639~/$999~

MSCシービュー(€719~)

ジェノバ→ラ・スペツィア(チンクエテッレ)→チビタベッキア(ローマ)→カンヌ→マヨルカ島→バルセロナ(スペイン)→アジャクシオ(コルシカ島)→ジェノバ(戻)

※ジェノバ6/8発。日本語サイトでは$1059~。

※チビタベッキア6/3発€739~/$1059~

※カンヌ6/25発€919~/$1059~

※マヨルカ島6/19発€869~/$1059~

※バルセロナ6/6発€869~/$1059~

MSCリリカ(€619~)

トリエステ(イタリア)→ベネチア→ドブロブニク→コルフ島→アルゴストリ(ギリシャ)→コトル(モンテネグロ)→スプリット(クロアチア)→トリエステ(戻)

※トリエステ6/4発。日本語サイトでは$1099~。

※ベネチア6/5発も€619~/$1099~

MSCシンフォニア(€649~)

アンコーナ(イタリア)→ベネチア→スプリット(クロアチア)→サントリーニ島→ミコノス島→ドブロブニク→アンコーナ(戻)

※アンコーナ6/5発。日本語サイトでは$1099~。

※ベネチア6/6発も€649~/$1099~

MSCマニフィカ(€749~)

ベネチア→バーリ→サントリーニ→ハニア(クレタ島)→コルフ島→ドブロブニク→ベネチア(戻)

※ベネチア6/5発。日本語サイトでは$1099~。

※バーリ発着6/13も€749~/$1099~

MSCオーケストラ(€699~)

ベネチア→バーリ→カタコロン(オリンピア)→ミコノス島→アテネ→サランデ(アルバニア)→ドブロブニク→ベネチア(戻)

※ベネチア6/6発。日本語サイトでは6/13発$1099~。

※バーリ6/7発も€699~/$1099~

MSCオペラ(€699~)

バーリ→ベネチア→コトル(モンテネグロ)→ミコノス島→サントリーニ島→ケファロニア(アルゴストリ)→バーリ(戻)

※バーリ6/20発。日本語サイトでは$1099~。

※ベネチア6/7発は€669~/$1099~

MSCクルーズまとめ

MSCは、コスタより船も多く、発着都市の自由度も高い印象です。船が多い分、マニアックな都市もめぐれそうです。

一方、日本語サイトでの料金は$1099が多く、コスタより高めの印象。また、発着都市を変えても値段は安くなったりしません。ただしイタリアサイトでは発着都市によって柔軟な値段設定がされており、日本語サイトより全体的に安い印象です。

旅行代理店との比較

日本の旅行代理店が手配するツアーと、個人手配の比較をしてみます。

代表的な、コスタ・ルミノーザ(€959~)に乗船する、JTB「羽田発着 コスタ ルミノーザ 憧れのエーゲ海クルーズ Aコース」を見てみます。2020/4~10月のプランで、35.8万円~です。2020/6月のツアーでは、46.8万円~です。

JTB cruise capture
JTBクルーズツアーのキャプチャ

JTB「羽田発着 コスタ ルミノーザ 憧れのエーゲ海クルーズ Aコース」

個人手配の場合は、€959~のほか、往復航空券とクルーズ出発前夜のホテルを別に手配する必要があります。

個人予約の地中海クルーズ【前日のホテル編】ベネチアのホテル体験

個人で手配する分には、これらを含めても十分旅行代理店より安く済ませられるでしょう。ただし、添乗員がいない分、現地でのトラブル対応は自己責任となります。

本記事のまとめ

アドリア海、イオニア海、エーゲ海側(東地中海)

東地中海の9隻を表でまとめます。

ベネチア、サントリーニ島がメジャーな目的地とわかります。
つぎに、バーリ、ミコノス島、ドブロブニクなどが続きます。

コスタ・ルミノーザ(€959~) コスタ・デリチョーザ(€909~) コスタ・メディテラニア(€702~) MSCムジカ(€669~) MSCリリカ(€619~) MSCシンフォニア(€649~) MSCマニフィカ(€749~) MSCオーケストラ(€699~) MSCオペラ(€699~)
ベネチア
トリエステ
ブリンディシ
バーリ
アンコーナ
カタコロン(オリンピア)
コルフ島(ギリシャ)
ケファロニア(アルゴストリ)
サントリーニ島
ミコノス島
ピラエウス(ギリシャ)
アテネ
ハニア(クレタ島)
コトル(モンテネグロ)
サランデ(アルバニア)
ドブロブニク(クロアチア)
スプリット(クロアチア)

ティレニア海側(西地中海)

西地中海の7隻を表でまとめます。

ほとんどのコースは、バルセロナに立ち寄ります。ジェノバやマルセイユが次点。マヨルカ島、チビタベッキアが続きます。

コスタ・スメラルダ(€710~) コスタ・パシフィカ(€719~) コスタ・ディアデマ(€646~) MSCグランディオーザ(€759~) MSCディビナ(€949~) MSCファンタジア(€679~) MSCシービュー(€719~)
バルセロナ
マヨルカ島
イビザ島
アジャクシオ(コルシカ島)
カリアリ(サルデーニャ)
チビタベッキア(ローマ)
リボルノ(フィレンツェ)
ナポリ
サボナ
ジェノバ
ラ・スペツィア(チンクエテッレ)
バレンシア
カンヌ
マルセイユ
バレッタ(マルタ)
カターニャ(シチリア)
パレルモ(シチリア)
メッシーナ(シチリア)

コスタ、MSC両社の2020年夏クルーズのコースと価格を調べ、総まとめしました。ご旅行のご参考に。



 旅の計画をまるっとお任せしたい方へ
航空券やホテル、現地空港からの移動などをまとめて計画して個別に提案してくれるサービスがありました: タウンライフ旅探し ハネムーン向け もあります)

⇒試しに問い合わせしてみたところ、現地観光ポイントへのアクセスなどを考慮したホテル提案をしてくれたり、 深夜到着時にも心配無いよう送迎車手配(個人手配はさすがに難しい)をしてくれたり、ありがたいサポートが得られます。 充実した計画を短時間で立てるために、プロの手を上手に借りるのも賢い選択かもしれません。

created by Rinker
情報量で選ぶなら、やはり「地球の歩き方」シリーズ。旅先でも見れるよう、電子書籍版がお勧めです。街中で本を開いていたら、明らかに観光客と思われ、スリ等に狙われやすくなります。観光中には、電子書籍版の「地球の歩き方」を、スマートフォンでさりげなくチェック!

created by Rinker
地球の歩き方と比べて、画像やイラストが豊富でイメージが湧きやすいララチッタ。ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノの4都市が重点的に掲載されており、他の都市はシンプルにまとまっています。本の厚みも地球の歩き方の6~7割と薄く、持ち運びにも便利です。Kindleは昨年度版まで購入可能なようです。