【ギリシャドライブ】アテネ・メテオラ・ザキントス島の周遊計画ガイド

【ギリシャドライブ】アテネ・メテオラ・ザキントス島の周遊計画ガイド

ギリシャの見どころの中で車で周れる、首都アテネ・奇岩にそびえる修道院メテオラ・絶景ビーチのザキントス島の周遊計画を立てるポイントをまとめます。

アテネ・メテオラ・ザキントス島を車で周るべき理由

ギリシャ旅行の見どころと言えば

首都アテネの他、真っ先に思いつくのは青い丸屋根のサントリーニ島や白い街並みと風車のミコノス島でしょうか。しかし、他にも映画「紅の豚」の舞台ともいわれる絶景ビーチで有名なザキントス島や、映画「007・ユアアイズオンリー」の決戦のロッククライミングシーンが撮影された、奇岩の上に位置する修道院メテオラなど見どころはいっぱいあります。

車でアクセスすべきザキントス島のシップレックビーチ

ザキントス島シップレックビーチ全景この中で、ザキントス島の見どころであるシップレックビーチはアクセスが難しく、自由度の高い車で周るのが非常に便利です。

とりわけ、シップレックビーチの絶景写真が撮れる展望台と、ビーチそのものへの上陸を両方欲張って周ろうとすると、島の公共交通機関でのアレンジは容易でなく、車が最良のアクセス方法です。

ザキントス島上陸後にレンタカーを借りる方法もありますが、実はザキントス島は本土から約1時間、カーフェリーで車ごとアクセスできます

するとギリシャ本土から車で行くのがシンプルな方法としてあげられます。

ギリシャでのレンタカー事例は【Europcarレビュー】深夜のアテネ空港でTOYOTAアイゴをレンタルをご参照ください。

車でアクセスできるアテネ・メテオラ


ザキントス島へ車でアクセスすることを考えると、あわせて行けるのはギリシャ本土に位置しているアテネとメテオラです。すなわち、アテネ・メテオラ・ザキントス島の3か所をまとめて車で周るのがリーズナブルなプランになります。本記事では、これら3か所を車で周る計画を立てる際のポイントをまとめます。

最も重要なポイント:ザキントス島の天気

アテネ・メテオラ・ザキントス島のうち、アテネ、メテオラは車で容易にアクセスできますが、ザキントス島のシップレックビーチに上陸しようとすると波の影響を十分考慮しなければなりません。同ビーチは船でしか上陸できず、波が高いと船が運行できなくなってしまうためです。

さらにやっかいなのは、波の予報は2日前にならないとわからないこと。(同ビーチ上陸ツアーRenata boatに確認した情報です)ザキントス島に数日滞在するのでない限り、確実に上陸できることを2日前に確認してからでないと行けません。

計画の立て方

キモはシップレックビーチ上陸

シップレックビーチ上陸の可能性を最大にするには、旅行の最初にザキントス島を計画し、上陸できそうにない場合は、その場で後の日にずらしていくしかありません。幸い、アテネやメテオラは天気に左右されない観光地のため、ザキントス島を計画の中心に考えてアレンジしていけばよいです。

ただし各施設の休館日などにはご注意ください。

シップレックビーチに上陸できるかどうかの判断は、ツアー担当者に聞くのが一番です。ザキントス島の波予報サイトを見ながら判断してくれます。

実際に立てた計画事例

当初の計画

  • 0日目:夜にアテネ空港着/アテネ泊
  • 1日目:ザキントス島へ移動/ザキントス泊
  • 2日目:シップレックビーチ上陸、展望台→本土へ移動/道中泊
  • 3日目:メテオラ観光/道中泊
  • 4日目:アテネ観光/アテネ泊
  • 5日目:アテネ観光→帰路へ

出発前~1日目

現地ツアーにコンタクトし、おおよそ行きたい日付の範囲を連絡しておきます。筆者の旅行時にはRenata boatに相談しました。

ギリシャにつく前日あたりに、Renata boatに確認したところ予定していた2日目のビーチ上陸は無理との連絡。1日目のザキントス島への移動は取りやめ、1日目にはアテネ観光のみとし、同じホテルに連泊することにしました。

観光後、もう一度Renata boatに確認。すると3日目には上陸できるとの回答でした!その場で3日目にツアーをお願いしました。

2日目

午前中のみアテネを観光し、昼からザキントス島に向けて移動開始。夕方のフェリーでザキントス島に移動し、島内に宿泊しました。

3日目

朝一番でシップレックビーチ上陸ツアーに参加、その後車で展望台を観光しました。

夕方のフェリーで本土へ移動し、メテオラへ向かう道中の街で宿泊しました。

4日目

宿泊地からメテオラへ移動、メテオラ観光の後アテネへ移動、道中の街で宿泊しました。

5日目

宿泊地を少し観光の後、アテネ空港へ移動、帰路につきました。

押さえるべきポイント

繰り返し強調しているように、シップレックビーチの上陸を第一に考えて計画します。

また、ギリシャについてから現地ツアー担当者に連絡が取れるよう、現地シムカードの入手など電話のできる環境が必要です。(メールでも良いかもしれませんが、レスポンスが心配で電話にしました)

1日目以降の宿泊地とカーフェリーも現地で予約することになります。ホテルはBooking.comHotels.comで予約できますし、フェリーはダイレクトフェリーズで予約可能です。これらが予約できるよう、こちらも現地シムカードの入手など、現地でのインターネット環境が必要です。

まとめ

ギリシャの見どころのうち、車で周れるアテネ・メテオラ・ザキントス島の周遊計画をまとめました。ポイントは、天気に左右されるザキントス島の配慮です。天候不順に対応できるよう、ザキントス島を旅の初めに持ってきましょう。

関連記事