カリカリなのにもちもち?フィレンツェの絶品カントゥッチーニ

カリカリなのにもちもち?フィレンツェの絶品カントゥッチーニ

イタリアのローカルお菓子、カントゥッチーニは、トスカーナ地方を中心に食べられる、カリカリでアーモンドの入ったお菓子です。フィレンツェの老舗カフェで量り売りしていたカントゥッチーニが、硬い中にももちもち感があり絶品だったので、買い方や値段もあわせてご紹介します。

カントゥッチーニ(Cantuccini)とは

トスカーナ起源のアーモンドのお菓子。カントゥチーニと表記したり、ビスコッティと呼ばれることも。

直接食べてもいいですし、甘いワイン「ヴィン・サント」に浸して食べるのもおいしい食べ方。

クラシカルなアーモンド味だけでなく、ココア味やイチジク味などのバリエーションも豊か。

イタリア中のスーパーで購入できますし、リストランテのデザートとして用意されていることもあります。フィレンツェを初め、トスカーナの都市では特によく見かけます。

詳細は下記もご参照ください。

Wikipedia「カントゥチーニ」Google画像検索「Cantuccini」

フィレンツェの老舗カフェ「リヴォワール」

フィレンツェのシニョリーア広場に面する老舗カフェ、「リヴォワール(Rivoire)」はロケーションも雰囲気も良く、街歩きの途中で一休みするには最適です。

リヴォワールのカントゥッチーニ

リヴォワールで量り売りしていたカントゥッチーニは、後で買い足しに戻るほどおいしいものでした。

カントゥッチーニのカリカリな堅さは残しつつ、しっとりしたもちもち感もあり、スーパーで買うものとは一味違うおいしさです。うっすら塩味も効いており、甘さが引き立てられていました。

買いかた

まずはカウンターの店員に、欲しいカントゥッチーニの量を、個数や重さ、値段で伝えましょう。紙袋に入れて計量してもらえます。重さに応じて値段計算され、値段を書いた伝票を渡されます。

次に伝票を持ち、向かい側のレジで支払いです。このとき、レシートを受け取りましょう。

受け取ったレシートを、初めのカウンターに持っていけば商品と引き換えてもらえます。

イタリアのカフェやジェラテリアでは、先にお金を払い、そのレシートを係りに渡して商品と引き換えてもらうシステムが多いです。初めの計量の後は、それに似たような仕組みです。

値段

€36 / kg での販売でした。大きさにはばらつきがあるので概算ですが、5個で約€3、10個で€6の目安です。

初めは5個だけ買いましたが、食べ歩きしていたらこのおいしさに驚き、さらに10個買い足しに戻りました・・!

まとめ

フィレンツェの老舗カフェ「リヴォワール」で量り売りされているカントゥッチーニは、スーパーで買うものとは一味違うおいしさでした。食べ歩いたり、休憩したり、街歩きの途中で立ち寄るのに最適です。量り売りでの買い方と値段を紹介しました。フィレンツェやトスカーナの各都市では、ぜひお気に入りのカントゥッチーニを探してみてください。