ユングフラウ鉄道乗車レビュー・早朝割引でお得にアクセス

ユングフラウ鉄道乗車レビュー・早朝割引でお得にアクセス

標高3466mのユングフラウヨッホを臨む、ヨーロッパで最も標高が高いユングフラウヨッホ駅。頂上は夏でも雪が残り、博物館なども充実しています。ふもとの町グリンデルワルトからの鉄道アクセスについて乗車レビューおよび早朝割引の内容・注意点をご紹介します。

鉄道接続の概要

jungfrau map
ユングフラウ鉄道全体マップ

グリンデルワルトから、中間の乗換駅クライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg)へ行きます。
その後ユングフラウ鉄道に乗り換え、山頂のユングフラウヨッホ駅にアクセスします。

スイス政府観光局 ユングフラウヨッホ

Wikipedia ユングフラウヨッホ

グリンデルワルト~ユングフラウヨッホ鉄道料金

通常料金

往復214CHF
※ハーフフェアカードで107CHF

早朝割引料金(グッドモーニングチケット)

往復135CHF
※ハーフフェアカードで85CHF

スイスハーフフェアカードでの割引について詳しくは:あなたの旅行はスイス半額カードでお得になる?半額計算を実例紹介

<利用条件>

朝8時前にグリンデルワルトを出発する2本しか利用できません。
加えて、帰りはユングフラウヨッホを13:13に出発する便が最終です。それを過ぎると、通常料金との差額精算が必要です。
なお、クライネ・シャイデック→グリンデルワルトはどの便に乗っても構いません。

乗車レビュー

ふもとの町グリンデルワルト(Grindelwald)


まずはふもとの町グリンデルワルトにアクセスします。車の場合は、下記のような立体駐車場などが整備されており、グリンデルワルトの駅のそばに駐車可能です。

jungfrau passport
ユングフラウ鉄道乗車記念パスポート

チケットを買うと、ユングフラウ鉄道乗車記念パスポートなるものがもらえます。しっかりした紙でできており、高級感たっぷり。山頂のユングフラウヨッホ駅では、日付の入った乗車記念スタンプも押せます。

グリンデルワルトからクライネ・シャイデック

始発を利用しましたが、早朝割引のグッドモーニングチケットの利用者はそれなりにいました。オープンなプラットフォームから乗っていきます。
広い窓が配置されており、車内も開放的でした。

クライネ・シャイデックからユングフラウヨッホ

クライネ・シャイデックでユングフラウヨッホ鉄道に乗り換えます。初めの一部区間の後、ほとんどトンネルの中を通っていく路線です。

ユングフラウヨッホ駅・展望台「トップ・オブ・ヨーロッパ」

山頂の展望台らはユングフラウヨッホと、雄大なアレッチ氷河が臨めます。標高3000m台に一気に上るため、高山病に気をつけてゆっくり動かないといけません。

頂上施設の見所は、チケット購入時にもらえる乗車記念パスポートにすべて記載されています。

展望台のほか、バー・レストランだけでなく、氷の彫刻が飾ってある博物館、スノーパークなどさまざまな施設が充実していました。徒歩30~45分雪道を歩いてたどり着く山小屋もあり、雪上ハイキングも楽しめます。
かなり充実しているので、始発で行ってもグッドモーニングチケットの最終13:13までには全て見切れないほどです。山小屋への雪上ハイキングをあきらめれば、概ね見学できるくらいのボリュームでした。

jungfrau post
山頂ポスト

富士山五合目簡易郵便局と提携しており、駅の入り口には日本から贈られたポストが設置されています。

帰り

jungfraubahn chocolate
ユングフラウ鉄道 乗車記念チョコレート

ユングフラウヨッホ鉄道の帰路には、検札時に乗車記念チョコレートがもらえます。チョコレートを食べながら、乗り換えのクライネ・シャイデックに到着します。
グッドモーニングチケットであれば、クライネ・シャイデックに下りてくるとちょうど昼食を食べるくらいのスケジュール感になります。

まとめ

ユングフラウ鉄道の乗車レビューと早朝割引チケットの内容をご紹介しました。ご旅行のご参考に。