ルパンの舞台&免税のできる小国・サンマリノの駐車場料金と街歩き

ルパンの舞台&免税のできる小国・サンマリノの駐車場料金と街歩き

周囲をイタリアに囲まれた小国、サンマリノを街歩き。ルパン三世・イタリアンゲームの舞台であり、映画・カリオストロの城のモデルになったという説も。また、外国在住の人には免税が適用されるのでお得に買い物ができます。訪問は11月。11月の祝日・諸聖人の日を利用して訪れました。

サンマリノの位置~入国

イタリアの東側。近隣の町からのアクセスは、フィレンツェから車で3時間、ボローニャから車で2時間程度。

平原の真ん中に、ポツンと出っ張っている岩場がサンマリノです。3つの頂上にそれぞれお城があり、遠くから見ると岩場の形がよくわかります。

sanmarino from far
サンマリノ遠望 ぽっこりとした丘のよう

ロープウェイでも登れるようですが、今回は車でアプローチ。急坂を上り、適当なところに路上駐車をします。

入国したとたん、車のナンバーもパトカーもポストも変わり異国情緒がでてきます。いずれのデザインも国旗にならい、白と水色が基調。ユーロ硬貨にはSan Marinoと刻印してあるのでコレクションにも最適。サンマリノのユーロ硬貨はお土産店にも並んでいました。

sanmarino post
ポストもイタリアとは違います
san marino euro coin, euro coin house, https://www.eurocoinhouse.com/en/san-marino-1-euro-2017-unc
サンマリノのユーロコイン(2017)(出所:https://www.eurocoinhouse.com/en/san-marino-1-euro-2017-unc)

ルパン三世の舞台!

サンマリノは、アニメ・ルパン三世の舞台として設定されています!

1.ルパン三世 TVスペシャル イタリアンゲーム/ルパン三世 part4

TVスペシャルと、その続きとして描かれるpart4はイタリアとサンマリノが舞台です。こちらのジャケ写も、ずばりサンマリノ!

lupin third part 4
ルパン三世 イタリアンゲーム (出所:dアニメストア https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=21211)

サンマリノのお城で繰り広げられるアクションから始まり、イタリアの風景のなかでルパンたちが活躍します。アニメの背景は、本物に忠実に描かれているので必見!

san marino liberty square, palazzo pubblico
共和国宮殿とその前の自由広場は、ルパン三世の舞台に

例えばサンマリノの共和国宮殿(Palazzo Pubblico della Repubblica di San Marino) と、自由広場(Liberty Square)。TVスペシャル、アニメPart4それぞれで、本物そっくりに描かれています。

アニメ「ルパン三世 Part4」公式サイト

2.映画「ルパン三世 カリオストロの城」(裏設定?)

1979年公開の映画「ルパン三世 カリオストロの城」で登場するカリオストロ公国は、サンマリノがモデルかもしれません。この白と水色のカラーリングは、まさにサンマリノの国旗と同じ色合いに見えます。

sanmarino flag
サンマリノ国旗

駐車場の位置と値段

町に近づくといくつか駐車場があります。比較的広くて近い駐車場(Parking 7)をここでは取り上げます。中心地から徒歩約7分の位置です。

Parking 7は典型的な広場タイプの駐車場で簡単です。青線の駐車場なので、有料です。

値段は看板に指定されており、自分が停めようと思う時間の料金を先払いする仕組みです。

看板の下にある券売機で支払い、そのチケットを車内の見えるところにおいておけばOK。チケットには購入時(=駐車スタート時)の時刻と有効時間が書いてあるので、その時間内であれば見回りに来られても大丈夫ですが、有効時間を過ぎても停め続け、係員が来てしまうと罰金、というわけです。

サンマリノの街歩き

実際にサンマリノを街歩きしてみます。旧市街といえるエリアは、Google mapではサンマリノ市街(赤線内)の中のオレンジで塗られているあたり、南北に細長いエリアで、長いところで400mほど。すぐに歩ききってしまう大きさです。

駐車場から歩き始めてすぐ、町をパトロール中の警官たちとすれ違いました。治安がいいのか、心なしかなごみます。

サンマリノは高い丘のうえにあるので、ふもとのまちがよく見渡せます。夕暮れ時の東側、サンマリノの丘で早く日陰になったランナバウトです。

11月の澄んだ空気で、お城と平原がよく見渡せました。パラグライダーが間近で遊覧しており、気持ちよさそうでした。

免税ショッピング

サンマリノは、ヨーロッパにおける消費税にあたる税が無いので、ヨーロッパ在住の人にとっては免税状態になります。自分たちは、Ray-banのサングラスを免税でゲットしました。

日本からの旅行では、手続きをすればサンマリノ外でも免税になるのですが、サンマリノでは手続き無しで最初から税金無し、になります。ヨーロッパでは20%以上の税率なので大変お得。

お土産屋さんのおつりでサンマリノのユーロ硬貨が混じっていたらラッキー。記念になります!

おわりに

ルパンの舞台になったサンマリノ共和国。天気の良い日に、また行きたいものです。