【ツアー情報まとめ】ザキントス島絶景・シップレックビーチ上陸

【ツアー情報まとめ】ザキントス島絶景・シップレックビーチ上陸

ギリシャ西方に位置するザキントス島。島の北端にある通称シップレックビーチ(ナヴァイオビーチ)は、死ぬまでに一度は見たいと言われる絶景の一つです。高い崖に周囲を囲まれたビーチには、船で上陸するしかありません。上陸ツアーの情報はまだまだ得にくいですが、現地ツアー会社に問い合わせて、実際に参加した体験を基に、本記事でシップレックビーチへの行き方をまとめます。

シップレックビーチ(ナヴァイオビーチ)とその行き方

ジブリ映画「紅の豚」の舞台とも言われる、ギリシャ・ザキントス島の絶景ビーチ。海からしか行けないロケーションが、冒険心をくすぐります。

注:ギリシャ本土からザキントス島への行き方は【ツアー情報まとめ】ザキントス島絶景・シップレックビーチ上陸をご覧ください。

ビーチへ上陸するには、自分で船を操縦できるなど特殊な場合を除くと、現地ツアーへ参加するしかありません。しかし、「シップレックビーチへ上陸するツアー」としてまとまった情報はなかなか見つかりません。

情報がまとまっていないながらも現地には複数のツアー会社があり、シップレックビーチへ到着するといくつもの船でにぎわっています。

ツアーの探し方や、ツアーの実態を見ていきましょう。

シップレックビーチ上陸ボートツアーまとめ

ツアーまとめ情報(トリップアドバイザーを活用)

「Shipwreck beach tour」などのキーワードで検索しながらもなかなかよいまとめサイトが見つからず、全体像がつかめません。

そこで筆者が活用したのが、トリップアドバイザーの絞込み機能。「ザキントス島全体のボートツアー」で絞込み、その中から探していきます。

トリップアドバイザー「ザキントス島全体のボートツアー」絞込み結果

<トリップアドバイザー絞り込みのポイント>

  1. ザキントス{ギリシャ、ヨーロッパ}を検索
    場所指定でザキントス{ザキントス、ギリシャ}を選ぶとザキントス港周辺しかヒットしません。ザキントス{ギリシャ、ヨーロッパ}を選べば島全体がヒットします。
  2. 観光スポットのカテゴリー「ボートツアー&ウォータースポーツ」をチェック(約60件)

※トリップアドバイザーでこれ以上絞り込むことはできません。約60件の中から「シップレックビーチに行く」ツアーを探していきます。トリップアドバイザーでの絞り込みは出発地点をベースにしているようなので、現状この方法がベストと思います。

出発地点によるツアーの分類

上記トリップアドバイザーから、いくつかツアーをピックアップしてみましょう。(2019年3月調べ)

シップレックビーチそばから出るツアー

北西部にあるシップレックビーチに比較的近い港と、そこから出るツアーをまとめてみます。

上陸ツアーの後、崖の上の絶景撮影スポットまですぐに行きたい場合は、シップレックビーチそばから出るツアーがアレンジしやすいです。

注:全てトリップアドバイザー内のページへのリンクです。

ザキントス市内から大回りするツアー

北西部にあるシップレックビーチに、ザキントス市内(ザキントス港がある南西部)から大回りするツアーもあります。市内の方が街が栄えており、少なからずツアーがあります。

注:トリップアドバイザー内のページへのリンクです。

それぞれの町とシップレックビーチの位置関係はこの地図の通り。ポルト・ヴロミが一番近いことが分かります。

ツアーの詳細内容

今回、上記の港のうち複数のツアーがあるポルト・ヴロミ、チィリヴィのそれぞれのツアー会社から1社ずつ、メール問い合わせをしました。

それぞれ丁寧に返信を頂きましたので、その返信内容をご紹介します。

ポルト・ヴロミ(Porto Vromi)【Renata Boat (公式FB)

  • デイリーツアー 一人15ユーロ、午前中スタート、約3時間
  • プライベート1日ツアー 490ユーロ
  • プライベート半日ツアー 350ユーロ

→返信は大変丁寧で、とても好印象。よく分からないことからくる不安を和らげて下さる対応でした。

チィリヴィ(Tsilivi)【Levante Speedboat Excursions(公式サイト)

  • 一人45ユーロ、8:30から13:00までの4時間半

→タイムリーに返信していただけ、ストレスなく必要な情報が得られました。

ツアーの内容レビュー

ツアーの後に予定していた絶景撮影ポイントの時間を十分取ることを考慮し、ポルト・ヴロミ発の最も短いツアーに参加しました。

ツアーの数日前に天気を確認後する必要がある、とのことで、ギリシャへの出発直前にツアー会社に連絡を取ると、どうやら予定していた日は波が高いとのこと。先にアテネ観光をしながら調整し、行ける見込みが立ったのは予定していた日の2日後でした。

ザキントス島を横断し、西側の海岸が見えてくるとすでに絶景状態!海の青さにテンションが上がってきます!

朝10時にレンタカーでポルト・ヴロミの港に到着。港と言っても、ほとんど何もないような入り江です。

この日の船は運よく貸切状態でした。お金を払って(クレジットカードは使えない様子でした)船に乗り込むと、シップレックビーチまで直行してくれます。

このツアーでは、ビーチでの滞在時間は1時間。船は沖合いで待っていてくれます。ビーチで思い思いに過ごしながら1時間経つとまた浜辺にきてくれ、乗り込みます。

ビーチの後は、帰りながら岸辺の観光です。これまたきれいな青の洞窟や、とっても小さいビーチ、海沿いの奇岩に立ち寄ります。お願いすれば、それぞれのスポットで泳いだりすることもできます。

ポルト・ヴロミのそばには、人がうつむいたように見える岩も!

観光を終え、港に戻ったのは昼過ぎ。シンプルながらも、満足度の高いツアーです!

なお、船上での飲食物の販売はありません。タオルやビーチサンダルだけでなく、お水や軽食の持参をお勧めします。

天気を要考慮!!!

今回問い合わせたどちらのツアー会社からも、事前に天気を確認して、ツアー催行できるかどうかを判断する、との連絡を頂きました。ザキントス島のビーチ上陸ツアーでいう天気とは、波の高さです。

すなわち、波が高い日はビーチに行けないということ。

しかも、波の予報は2日前にならないとはっきりしません。

わざわざギリシャまで行ったのに上陸できない・・なんてことを最大限防ぐため、是非シップレックビーチツアーを旅行の初めに持ってきましょう。直前にツアー会社に連絡して、波が高そうなら上陸ツアーを後の日に回せるよう、柔軟に構えておくことが大切です!

まとめ

ギリシャ・ザキントス島のシップレックビーチ(ナヴァイオビーチ)へ上陸するための現地ツアー情報をまとめました。

短いツアーではシップレックビーチに1時間滞在可能。お水や軽食もお忘れなく!

また、波の高さによって上陸できないことがあり、予報がはっきりするのは2日前からです。ツアー会社に確認しながら、柔軟な日程を立てることが大切です。

ザキントス島の天気を考慮しながらアテネ・メテオラの周遊計画を立てた詳細については【ギリシャドライブ】アテネ・メテオラ・ザキントス島の周遊計画ガイドにまとめています。