【歌詞でイタリア語】Thegiornalisti Riccione: ビーチバカンス満喫な歌で海単語をまとめて覚える

【歌詞でイタリア語】Thegiornalisti Riccione: ビーチバカンス満喫な歌で海単語をまとめて覚える

イタリア人の3人グループThegiornalistiの「Riccione」を題材に、歌を通じて学ぶ、語学上達の近道イタリア語で実践します。イタリア語初級目線で歌詞を見ていき、ネイティブが使う単語や言い回しに触れてみます。原曲を聞きながらこの記事を読めば、自然と歌詞の意味や成り立ちがわかるように進めます。記事の最後に、この歌で出てきた「覚えたい単語」を並べているので、きちんと覚えられているか確かめてみましょう!

Riccione (Thegiornalisti, 2017)

2009年結成の3人組音楽グループ、Thegiornalisti(ザジョルナリスティ)による2017年リリースの楽曲「Riccione(リッチョーネ)」。曲名はイタリアの東海岸の町名です。海辺のバカンスシーンを描いたPVからは、イタリア人のビーチでの過ごし方が強烈に伝わってきます海に関係する単語が次々に出てきます。短くてノリがいいので何度も聞けます。イタリアの音楽シーンあるあるですが、本人たちが演奏のみならずPVの登場人物として出演しているのが面白い!

ソングライター: Dario Faini / Alessandro Raina / Tommaso Paradiso

なお、リッチョーネはイタリア東海岸沿いのこのあたり。同じくビーチリゾートであるリミニの並び。サンマリノも近いです。

ルパンの舞台&免税のできる小国・サンマリノの駐車場料金と街歩き
イタリアの東海岸ビーチの町 リミニで激安ホテルに宿泊!

曲頭~Aメロ

短めのイントロのあと、すぐにAメロが始まります。

Le navi salpano
Le spiagge bruciano
Selfie di ragazze dentro i bagni che si amano
La notte è giovane
Giovani vecchi
Parlami d’amore che domani sarò a pezzi

出所:https://lyricstranslate.com/ja/riccione-riccione.html-2

Aメロ前半

Le navi でThe ships(複数形)、Salpanoは船が出る、Salpareの3人称複数。

Le spiaggeでThe beaches(複数形)、Bruccianoは熱くなる、やけどする、の3人称複数で、前の歌詞と韻を踏んでいます。

Selfieは英語でセルフィ―、di ragazzeで女子たち、dentro i bagniはシャワーの中、che si amanoは自分たちが大好きな。イタリア女子っぽいですね。

Aメロ後半

La notte で夜、e’ はis、giovaneは若い…夜は始まったばかり。

Giovani は若者(名詞)、Vecchiは老いた(形容詞)…年老いた若者が(知ったかぶりの若者が、くらいの意訳でしょうか)

ParlamiでParlare(話す)+mi(私に)、d’amoreで愛について、

che の接続詞でつないで、domani(明日)、saro’(will be 未来形)、a pezziはto pieces

…つなげると、「明日にはかけらになるような愛について話す」となります。

Bメロ

Intanto cerco il mare
Un’aquila reale
Tra poche ore, tra poche ore

出所:https://lyricstranslate.com/ja/riccione-riccione.html-2

Intantoはその間、cercoは探すcercareの1人称単数、il mareは海。

Un’aquilaはワシ、realeは黄金の、ですが、合体するとイヌワシ、という意味のよう。

…つなげると、「海でイヌワシを探す、その間、、」くらいの意でしょうか。意味は謎です。

Tra poche oreは「数時間で」、という意味。~の間に、という意味のTraに、イタリア会話のかわいらしい頻出単語 poco(ポコ、ちょっと)の複数形と、時間を意味するoraの複数形です。この後のサビで同じフレーズを繰り返すノリの予兆のように繰り返し始めています。

サビ

このサビは、同じフレーズを繰り返していてカッコいいです。ビーチリゾート感満載になってきました。

サビ前半

Sotto il sole, sotto il sole
di Riccione, di Riccione
Quasi quasi mi pento
E non ci penso più, e non ci penso più

出所:https://lyricstranslate.com/ja/riccione-riccione.html-2

 

Sotto il soleは Under the sun、di Riccioneでリッチョーネの、合わせると「リッチョーネの空の下で」。

Quasiはalmostでほとんど、mi pentoは悔い改めるの1人称単数。

e non ci penso piu’は、そして(e)、それを(ci)、考えない(non penso)の1人称単数、もう(piu’)。

つなげると「もうそれをこれ以上考えない」。後悔していて、もう考えない!という感じでしょうか。

サビ後半

Faccio a schiaffi, faccio a schiaffi
con le onde, con il vento, le prendo
come se fossero te, come se fossero te,
come se fossero te, eo

出所:https://lyricstranslate.com/ja/riccione-riccione.html-2

Faccioで「する」(do)、 schiaffiで平手打ち(名詞)。「バシッと打って」Bメロの後悔を断ち切り、切り替える動作のよう。

conはwith、le ondeで波の複数形 the waves、il ventoは風の単数形 the wind。

le prendoは、それらを(those)のleとつかむ(take)のprendereの1人称単数。

合わせると「波や風をつかむ」

come はhow、~のように。se はif、fosseroはちょっと難しく、essere(be動詞)の接続法半過去+3人称複数のようです。te=君と合体して、「まるで(それら=波や風が)君であるかのように」くらいの訳でしょうか。

https://ja.wiktionary.org/wiki/fossero

2番以降の概要(自習用)

2番のAメロは1番よりもっと謎めいた感じです。

Bメロとサビは同じ歌詞を繰り返し、次に少し歌詞を変えたサビに入ります。Sotto il sole(海の下) がSotto il cielo(空の下)になっているなど、これまでのサビと対になっていることに気づくと思います。

そのあと超早口のCメロ。何度聞きなおしても覚えられない難所です。

そのあとはサビの繰り返しで曲の終わりまで行きます。

おわりに

fosseroなどやや難しい言い回しもありましたが、基本的な単語や文法が多く、繰り返しも多いので全体的に覚えやすい印象でした。ビーチリゾートの歌なので、海っぽい言葉がたくさん覚えられます!繰り返し聞いて、体に染み込ませたいものです。

覚えたい単語(意味を覚えてますか?):mare, onde, vento, cielo, navi, spiaggia